読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

geektravellers.com 別館

Flash Packerのための情報サイト、GEEKTRAVELLERSのはてな別館です。

【ラストチャンス】シンガポール航空ファーストクラスにたった12万円で行く裏ワザ!

sqfirst

恒例のSPGのバイポイント25%割引キャンペーンがスタートしました。さらに、いつもどおり、エアカナダのコンバージョンボーナスキャンペーンもスタート。

以前も記事にしていますが、ルールをまとめておくと、

SPGの基本ルール
1)SPGのポイントは、1スターポイント=1マイルでエアカナダも含めた航空会社に移行可能
2)さらにSPGのポイントは、1回の移行2万ポイントに付き、5000ボーナススターポイントがつきます。

 移行ボーナス

3)SPGのポイントは、1暦年あたり2万ポイントまで購入することが可能

SPGのキャンペーンの内容
1)2015年12月31日までの期間中、2万ポイントを購入すると25%割引。
20,000ポイント=$525USドル(25%割引)

SPGキャンペーンエアカナダaeroplanの基本ルール
1)日本、バンコクシンガポールが含まれるASIA1ゾーン内の特典航空券は、スターアライアンスの加盟会社のビジネスクラスが3万マイル、ファーストクラスが5万マイル。(2015年12月14日まで)特典チャート

2)スタアラで東京ーシンガポールのファーストクラスが取れるのはエアロプランだけ。

3)エアカナダの特典航空券を発券する際に、マイルが足りない場合、最大50%までは、1マイル0.03ドルで購入可能。

buymiles エアカナダaeroplanのキャンペーン 1)2015年12月21日までにホテルポイントなどの他社ポイントから、aeroplanにポイント移行すると、移行したポイントに応じて、ボーナスマイルがつきます。 2万マイル移行すると、ボーナスが4,000マイル。 aeroplancampaign 

ということは、今やらなければならないことは、ポイントをいち早く購入して、2015年12月14日までに、好きな日付で、

ベストプラン:5万マイルを使って、日本ーシンガポールシンガポール航空のファーストクラスを発券する。

ベタープラン:3万マイルを使って、日本ーシンガポール、もしくは、日本ーバンコクビジネスクラスチケットをを発券する。

ステップにすると、
1)スターウッドでポイントを暦年の最大値2万ポイントを525ドルで購入する
2)購入した2万ポイントをエアカナダのエアロプランに移行する
2万マイル
+SPG側の移行ボーナス5,000ポイント=5,000マイル
+エアロプラン側の以降ボーナス4,000マイル
=29,000マイル

ビジネスクラスは3万マイル、ファーストクラスは、5万マイル必要。

3)エアロプランで不足分を購入する
ファーストクラスに足りない21,000マイルを
→5万マイルでビジネスクラスに交換 
525USドル+30カナダドル=64,456円+57,940円=122,396円

ビジネスクラスに足りない1,000マイルを30カナダ・ドルで購入
→3万マイルでビジネスクラスに交換
525USドル+30カナダドル=64,456円+2,760円=67,216円

例えば、SPGアメックスとか持ってて、スターウッドのポイントを持ってたり、ヒルトンとかマリオットとか他のホテルにポイントがあるなら、その辺からもポイント移行してもよいです。今から、SPGアメックス作っても間に合いません。

2015年12月15日以降、エアカナダのエアロプランの特典航空券のルールが変更されて、ファーストは、5万マイル→13万マイル、ビジネスクラスは、3万マイル→8万マイルに変更になるので、SPGキャンペーン→エアロプランも今回がラストチャンス。

スターウッドもマリオットに買収されましたので、今後、SPGがどんな風になっていくかもわかりません。

12万円で、シンガポール航空のファーストクラスでシンガポールに行くラストチャンスをお見逃しなく。

ちなみに、エア・カナダ使わなくても、SPGアメックス作って、バイポイントと組み合わせで大量ポイント獲得して、アメリカン航空に移行して、

■エディハド航空 ビジネスクラス 東京→アブダビ
アメリカン航空アドバンテージ ビジネスクラス  往復60,000マイル(サーチャージなし)
※日本国内線付加OK

カタール航空 ビジネスクラス 東京→ドーハ(→ドバイ)
アメリカン航空アドバンテージ ビジネスクラス  往復60,000マイル(サーチャージなし)
※日本国内線付加OK

という選択肢とか、ブリティシュに移行して、JALの国内線を往復9,000マイルとか、ユナイテッドに移行して、全日空の国内線を往復1万マイルとか、選択肢は無限にありますが、それは、次回以降でもできるので、今回は、SQのファーストでシンガポールがおすすめです。